従業員の未払給与は、破産手続においてどのように取り扱われますか?

労働者保護のため、破産手続開始前3か月間の給料及び破産手続前に退職した従業員の退職手当の内、退職前3か月間の給料の総額に相当する額は財団債権として破産手続によらず随時弁済を受けられ、その他についても優先的破産債権とされて、他の破産債権と比べ優先的に支払いを受けられます。

無料法律相談のご予約は24時間受付

フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-3436-5514 まで

まずは、会社と経営者にとってよい方法を一緒に考えましょう

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/
泉総合法律事務所お客様対応エリア