「未払賃金立替払制度」とは何ですか?

企業の倒産によって賃金が支払われないまま退職した労働者に対して、労働者健康福祉機構が企業に代わって未払賃金の一部を立替払する制度です(詳しくは労働基準監督署又は独立行政法人労働者健康福祉機構にご確認下さい。)。
なお、本制度の利用要件には、倒産について裁判所への申立て等(法律上の倒産の場合)又は労働基準監督署への認定申請(事実上の倒産の場合)が行われた日の6か月前の日から2年の間に退職した労働者であることとされ、退職から破産申立てまでに6か月が経過している場合には、同制度による立替払いを受けられなくなることから、立替払の対象となる従業員が存在する企業については、速やかに破産申立てを行う必要があります。

無料法律相談のご予約は24時間受付

フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-3436-5514 まで

まずは、会社と経営者にとってよい方法を一緒に考えましょう

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/
泉総合法律事務所お客様対応エリア