法人の現預金等の財産は、破産手続においてどのように扱われますか?

法人名義の現預金、売掛金、不動産その他の財産については、破産管財人の管理の下で換価処分されることになります。印鑑、現金・通帳、有価証券、鍵、権利証、帳簿等は、破産手続開始後に、直ちに破産管財人に引き継ぐ必要があります。

無料法律相談のご予約は24時間受付

フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-3436-5514 まで

まずは、会社と経営者にとってよい方法を一緒に考えましょう

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/
泉総合法律事務所お客様対応エリア