会社自体は破産したいのですが、事業は継続したい場合、どうすればいいでしょうか?

管財事件の場合には,手続終了までの間,破産者の財産の処分権限のほぼ全てが破産管財人に移転するため,破産者の事業活動に大幅な制限が加わったりする関係で、事業を廃業するのが通常ですが、事業譲渡を前提として、事業を継続することは可能です。破産手続開始後は、破産管財人が、裁判所の許可を得る必要があるため、事業譲渡をする方が、関係者や破産財団の増殖に寄与するような場合でなければ、困難であると考えられます。

無料法律相談のご予約は24時間受付

フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-3436-5514 まで

まずは、会社と経営者にとってよい方法を一緒に考えましょう

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/
泉総合法律事務所お客様対応エリア