個人の債務整理;個人が自己破産すると会社役員ではいられなくなるのでしょうか?

正確に申し上げますと,破産手続が開始されると会社と役員(取締役)との間の委任契約が自動的に終了(消滅)となるため,結果として取締役の地位を失うことになります。
つまりは資格が制限されるわけではないため,破産手続開始決定後に株主総会などで再選任されれば,破産手続中であっても役員に復職することは可能でございます。

無料法律相談のご予約は24時間受付

フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-3436-5514 まで

まずは、会社と経営者にとってよい方法を一緒に考えましょう

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/
泉総合法律事務所お客様対応エリア