個人の債務整理;個人が自己破産するとどのような資格の制限を受けるのですか?

資格制限のうち,主なものは下記の通りでございます。なお資格制限がかかるのは,破産手続中のみであり,免責が確定した時点で破産法上の資格制限は解消されます。

【公法上の資格制限】
弁護士,公認会計士,税理士,弁理士,公証人,司法書士,行政書士,社会保険労務士,不動産鑑定士,人事院人事官,検察審査員,土地家屋調査士,宅地建物取引業者および主任者,公正取引委員会の委員長および委員,商品取引所会員・役員,証券取引外務員,生命保険募集人および損害保険代理店,警備業者および警備員,有価証券投資顧問業者,国家公安委員会委員,質屋,風俗営業者および風俗営業所の管理者,教育委員会委員,日本中央競馬会の役員など

【民法上の資格制限】
後見人,成年後見監督人,保佐人,遺言執行者 
※民法上の委任契約終了事由により,株式会社・有限会社の役員,合名会社および合資会社の社員も抵触リスク有

無料法律相談のご予約は24時間受付

フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-3436-5514 まで

まずは、会社と経営者にとってよい方法を一緒に考えましょう

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/
泉総合法律事務所お客様対応エリア