個人の債務整理;小規模個人再生とはどのような手続きですか?

民事再生法において『将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがあり,かつ,再生債権の総額が5千万円を超えないもの』であった場合には利用が可能であるとされております。
基本的に,再生計画案により減額した金額を返済できるだけの収入のある方で,且つ住宅ローンを除いたお借入額が5千万円を超えてなければ,どなたでも利用することができます。(一部例外がございます。)
 
お手続きの中で,再生計画案について債権者から同意を得る必要があります。
一般的に信用保証協会・国民生活金融公庫等一部の金融機関以外の債権者(金融業者)は不同意をすることはございません。

無料法律相談のご予約は24時間受付

フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-3436-5514 まで

まずは、会社と経営者にとってよい方法を一緒に考えましょう

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/
泉総合法律事務所お客様対応エリア